Azure上に構築したWindows Server 2012R2の日本語化

Azure上に展開されたWindows Server 2012R2は英語環境になっているので、日本語環境で利用するには次の5つの設定を変更する必要があります。

1. 日本語の追加
※[Control Panel] → [Clock, Language, and Region] → [Language] → [Add a language]で日本語を追加し、日本語パックをダウンロード/インストールし、優先言語を日本語にします。

2. 「主な使用場所」の変更
※[コントロールパネル] → [時計、言語、および地域] → [地域] → [場所]タブの「主な使用場所」の設定を「米国」から「日本」に変更します。

3. 「Unicode対応でないプログラムの言語」の変更
※[コントロールパネル] → [時計、言語、および地域] → [地域] → [管理]タブ の「Unicode対応ではないプログラムの言語」の設定を「英語(米国)」から「日本」に変更します(要再起動)。

4. 「タイムゾーン」の変更
※[コントロールパネル] → [時計、言語、および地域] → [地域] → [日付と時刻] → [タイムゾーンの変更]で設定を[(UTC)協定世界時]から[(UTC+09:00)大阪、札幌、東京]に変更します。

5. 「ようこそ画面と新しいユーザー アカウントの設定」の変更
※[コントロールパネル] → [時計、言語、および地域] → [地域] → [管理]タブ → [ようこそ画面と新しいユーザー アカウント]で現在の設定が「ようこそ画面」と「新しいユーザーアカウント」にも反映されるようにしてください。

 

6. Windows Update
※Windows アップデートを実施しないと、一部、英語表記のままとなってしまいます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大